女怪盗 ブラックパンサー&女捜査官 東堂 涼子 吉田花

かつて双子の少女の両親を殺して、美術品や宝石を奪い、それを売って富豪となった男がいた。その男の名は豪徳寺源蔵。双子の少女は成長して、一人は闇の世界から復讐するために女怪盗ブラックパンサーとなり、一人は法の裁きを受けさせようと女捜査官になった。だが、ブラックパンサーは豪徳寺の罠にはまってしまい囚われの身となり、これまで悪人から盗み返した美術品や宝石の在処を問われて、性的な拷問にかけられてしまう。ブラックパンサーと連絡が取れなくなったことを心配した涼子は、同僚の勇田とともに行方を捜すが、豪徳寺の一味だった勇田の手によって囚われの身となってしまう。そしてブラックパンサーから託されていた美術品の隠し場所を問われて、彼女もまた激しい性的拷問を受けて、壊れていくのだった。[BAD END]

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.