性獣のいけにえ

【解説】戦後間もない頃、大学生の智夫は武蔵野の林の中にある古びた洋館に下宿した。ここには家主の由紀子と兄の貴志、ペテン師の細田と白痴的な妻玉枝、戦争で両足をなくした宮本と刺青のある情婦、精力絶倫の野沢と心臓病の愛人静江など一風変わった人たちが住んでいた。原田刑事は最近四人の女の絞殺死体が発見されたが、ここの住人が怪しいと内偵を進めている。こうしたとき奇妙な事件が起こり、智夫もその疑惑に巻き込まれた。丸山良尚の脚本を俳優・舞踏家・演出家としてもマルチに活躍している異才麿赤児(麿赤兒)が演出したこのドラマは不気味な洋館を舞台に次々に起こる奇妙な事件を描く怪異ミステリーで、ラストのどんでん返しにはゾッとするような恐怖が漂っている。花真衣、紫衣名、古川あんず、田村哲郎、束間然、松田政男らが競演。 新東宝映画 初DVD化。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.